Aimer - Run Riot Lyrics



呼吸を 分け合ううちに 眩暈を覚えた この世界で
約束した未来 壊れない そう信じられた 幸せの記憶

離れそうになる度に 繋がるそれは命綱のように強くて
ただこの手をすり抜けて 舞い昇ってく風船みたいだ 空に溶けてく

はらはらと 朽ちるまで 咲き乱れ
引き止める残響を 風よ連れ去って
孤独の香り 祝福してる そうさ迷わない
いま錆び付いた時を 解いて

築いた 帰る場所に 不変を求めた いつかの夢
失うものなど 無いだろう 次の何かを 得るための衝動

手放せなかったはずの 鎖が千切れた結末 虚しくて
ただ去りゆく人の背を 見送らずに歩き出すんだ だけど刹那

ひらひらと 立ち込める 面影が
拭えない焦燥を 夜に断ち切って
野生の息吹 響く鳴き声
辿り損ねた愛をもう悔やまないで
駆け出して

花びら 燦々と 包まれて 目を閉じた 夢から醒めますように
声が響いてる 愛しい 誰かの声が響いてる

はらはらと 朽ちるまで 咲き乱れ
引き留める残響を 風よ連れ去って
孤独の香り 祝福してる いいよ迷わない
胸が奮い立つように
ひらひらと 舞い踊れ 褪せるまで
拭えない焦燥を 夜に断ち切って
永遠の淵 覗いてみよう
辿り損ねた愛をもう悔やまないで 笑って


 
Run Riot Lyrics
 
Album "Haruhayuku Marie" ()
 

 
Aimer lyrics are property and copyright of their owners. "Run Riot" lyrics provided for educational purposes and personal use only.